亜麻ツキ日記
亜麻ツキの縁側の管理人「悠」のチラシの裏的日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリプトン頑張れ!!
「初音ミク」楽曲配信巡って大混乱 アーティスト名誤記、作者に了解得ず?
(ソースはJ-CASTニュース様)

また著作権の話です。
今度は今話題の初音ミクに関しての話題です。
ニコニコ動画やyoutubeで話題になった「みくみくしてあげる」をめぐって、どうやら揉めているようです。
皆様も知っての通り、ミクは音楽ツールとして発表されました。
だから、ミク自体楽曲においては単なる楽器扱いに過ぎないのです。
(あくまで著作権での話なので、誤解しないで下さいね。ミクの素晴らしさは知っていますし、悠もミクの歌声のファンなので。)
それがドワンゴが勝手にカスラックにアーティスト「初音ミク」として登録してしまったのが事の発端のようです。
その後、ドワンゴが独占配信をしていた着うたが作曲者との契約をしていない事が発覚。
(口頭での確認みたいのはあったようですが、契約書は交わしてないようです。)
クリプトン社とドワンゴがそれぞれコメントを出したようですが、両者の内容に食い違いがあり、まだまだ荒れそうです…。

さて、日本において音楽で商売するにはカスラック(JASRAC)を通して権利を護るのが音楽業界では通例になっているようですが、カスラックは本当に権利を護っているのかは疑わしく、色々な伝説を持っています。
クリプトンの伊藤社長はJASRACの管理下にはしないとおっしゃっていますが、カスラックはお金の匂いがする所には確実に絡んでくると思われるので、正直心配ではあります。
ヘタしたら全てのミクの歌が管理下に置かれないかすごく心配です…。
伊藤社長無理しない程度に頑張って下さい。

既出だと思いますが、カスラックの伝説を知らない人の為に動画をリンクして置きますので、知らない方はご覧下さい。
(  ゚Д゚)つ・すごいぜカスラック伝説


スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。